【8/16】箱根強羅夏祭り大文字焼がおこなわれます

神奈川県箱根町で1921(大正10)年から続く、有縁無縁の霊を慰めるうら盆の送り火である大文字焼。

今年も、うら盆である8月16日(木)に執り行われます。

大文字焼は有縁無縁の霊を慰めるうら盆の送り火です。
二ヶ月も前より炎天下の山腹に於いて、刈取り、乾燥の作業が繰り返されます。
乾燥した篠竹(箱根女竹長さ3m 程)を直径30cm程の束として250 束作ります。
「大」の字が大きく描かれる様、「大」の輪郭に沿って二重にし、約1.5m間隔に立てます。
一筋の花火を合図に点火され、点が線となり文字となって皆様の眼前に「大」の字が浮かんでまいります。
(「大」の字の「一」は長さが108m、文字の太さは7.5m にもなります。)
山の中腹に浮かび上がった「大」の字をバックに、スターマインを中心とした打ち上げ花火と、ナイアガラなどの仕掛け花火が登場します。

詳細については、箱根全山のホームページをご覧ください。【https://www.hakone.or.jp/midokoro/summerfes.html