大文字焼は有縁無縁の霊を慰めるうら盆の送り火です。二か月も前より炎天下の山腹に於いて、刈取り、乾燥の作業が繰り返されます。乾燥した篠竹(箱根女竹長さ3mほど)を直径30cmほどの束として250束作ります。「大」の字が大きく描かれる様、「大」の輪郭に沿って二重にし、約1.5m間隔に立てます。一筋の花火を合図に点火され、点が線となり文字となって皆様の眼前に「大」の字が浮かんでまいります。(「大」の字の「一」は長さが108m、文字の太さは7.5mにもなります。)

最後に、来る年、来る年、より大きく!美しく!という願いを胸に、お互い励ましあいながら汗を流し、黙々と準備を重ね、当日は暗黒の急斜面に身を躍らせて、灼熱の熱風を浴びながら「大」の字を作る80余名の宮城野青年会の努力があることを申し添えます。

昨年に記念すべき100回目を迎え、今年は101年目の実施になります。

イベント名称:夏祭り 大文字焼点火

日時:8/16(火) 19時半~点火

場所:強羅駅周辺(点火場所は明星ケ岳)

備考:・開催当日は強羅駅周辺で交通規制がありますので、ご注意ください。

   ・有料臨時駐車場もございます。(15時以降に駐車可能)

なお、芦ノ湖キャンプ村からは残念ながら見ることはできません。見たい方は、「強羅駅周辺」に行かれるか、手前の「早雲山駅周辺」にて見ることをおすすめします!どちらも当日は交通規制がありますので、早めのご移動をご検討ください。

点火場所は「明星ケ岳」。強羅駅から早雲山駅のケーブルカーが走っているエリアはちょうど明星ケ岳が正面に見えるので、絶好のスポットとなっています。